あなたが”諦めたくない”ことは何ですか?
おはようございます!
ライフコーチ & スポーツコミュニケーションアドバイザー
野口和馬 です!
少し前に「GRIT-やり抜く力-」という本が話題になりました。
著者が成功者の共通点について研究し、その結果を記した本です。研究結果を見るだけでも面白いのですが、著者の人生が垣間見える文章にも面白味を感じます。
人間というのはか弱い生き物で、独りでは生きていけない生き物です。
そう、僕もか弱い生き物なんです。
生まれてから親に保護されながら生きてきましたし、成長する過程で出会った友達にも助けられています。
金銭面だけではなく、環境面でも、健康面でも、更には感情面でも。
でも、これって僕だけじゃないですよね。誰もがそう。僕の親もそうですし、友達もそう。何なら、世界中の人々がそうですよね。世間では成功していると言われている人も、みんなそう。
僕は、そう思うことで「他人が出来るなら、俺にも出来る。」と言い効かせているんです。
そうすると何でも始められちゃうんですよね。小さなことから大きなことまで。
でも、始めたことが続くかどうかは、別の話。手当たり次第に新しい事を始められるけど長続きしない。反対に、新しいことに挑戦することはあまり無いが1つのことを究められる。
僕は、明らかに前者なんですよね。別にこの特性を卑下することなんてありません。ってか、卑下する必要がありません。
それでも「継続は力なり」という言葉には憧れがあります。
時々、他人から言われますよね。
僕は、継続する=諦めないということだと変換しています。継続するって、僕には何だか平坦に聞こえるんです。だからでしょうか、あまり心には響かないんですよね。でも、諦めないって、諦めそうな状況に陥ることを前提とした言葉に聞こえて好きなんです。
諦めそう…でも、ここが踏ん張りどころだ…
まるで、自分がボールにでもなったように弾んで弾んで、いつしか、弾み続けられるようになっている。そんな状態が僕なりの望ましい状態です。
幸いにも、僕はまだ22歳。これからの人生の方が歳月は長い。だからこそ、何かを新しく始めることと同じくらい、何かをやり続けること、諦めないことが大事になってくる。
諦めない。諦めそうになっても諦めない。諦めたくなっても諦めない。「諦めろ。」と言われても諦めない。
あなたが”諦めたくない”ことは何ですか?
ライフコーチ & スポーツコミュニケーションアドバイザー
野口和馬 より