“アスリート”の能力を最大化させる方法とは?

"アスリート"の能力を最大化させる方法とは?

“アスリート”の皆さんにとって能力の最大化は、大きな目標の1つでしょう。

今回は、その目標を達成する上で必要となってくる方法をご紹介します!

“アスリート”にとって必要な能力

では、アスリートであるあなたにとって、必要な能力とは何でしょうか?

いくつか列挙しますね。

・筋力

・状況判断力

・脚力

・瞬発力

・跳躍力

・柔軟性

・防御力

・攻撃力

・握力

・腕力

・聴力

・視力

・視野

・語彙力

・魅力

この他にも存在するでしょう。

あなたにとって、この中で必要な能力はなんですか?

あなたは、この中でどのような能力を最大化させたいですか?

先ずは、あなたにとって必要な能力が明らかでなければ、最大化することは出来ません!

なので、必要な能力を明らかにしましょう!

あなたが能力を最大化したい理由

さて、必要な能力を選択したら次に進みましょう!

必要な能力として、それらの能力を選んだ理由はなんですか?

なぜ、その能力を最大化したいんですか?

理由がなければ、最大化する意味がありません。

「なんとなく…」

「最大化しておけば、役に立つと思うから…」

という抽象的な理由では、最大化することは絶対にあり得ません。

最大化する過程では辛いこともありますし、諦めたくなることもあるでしょう。

理由が曖昧な限り、最大化できることは非常に難しいことを理解しましょう!

能力を最大化して成し遂げたいこと

では、必要な能力と、その理由が明らかになったとしましょう。

あなたは、その能力を最大化することで何を成し遂げたいのですか?

あくまでも能力=能力能力≠結果であり、ただの方法です。

能力はゴールに辿り着くための方法に過ぎません。

その方法を最大化させることで、どんな結果を得たいのですか?

『〇〇大会優勝』

『〇〇賞獲得』

『〇〇位達成』

出来る限り、あなたが興奮するような、思い描けば居ても立っても居られないような結果を掲げましょう!

成し遂げた日付

そして、その結果を得る予定日を決めましょう!

日付を入れることで能力の最大化を促し成果の確実性が上がります。

これは陸上競技でいうゴールテープです。

100m走であれば100m先にゴールテープがあり、マラソンであれば42.195km先にゴールテープがあります。

人生においてゴールテープのような物理的ゴールを設定することは難しいです。

なので、時間という概念を利用します。

日付を入れるだけで確実性が上がるなら、試してみる価値がありませんか?

能力を最大化させる方法

ここからは、能力を最大化させる方法をお伝えしていきます!

感覚を言葉で表す

アスリートにとっては、自分の体が資本ですよね。

どうしても動作の1つ1つが感覚的になりやすいです。

「ビシッと投げる!」

「ドンっと蹴る!」

擬音で表すことは簡単です。

しかし、これでは自分の動作を理解していないことと同義です。

「ボールを投げる時の肘の位置はここで、手首は〇〇°曲がっていて、肩は〇〇から〇〇で動かして…」

というように、1つの動作を細分化し、それを言葉で表すように努めましょう。

言葉で表すことで、脳内で動作を整理することができます。

そして、正しい動作と間違った動作を比較し易くなります。

言葉で表すようになると、更に感覚が研ぎ澄まされるようになるんです。

それも、より細かく、より精密に研ぎ澄まされるんです。

異種競技に取り組む

野球ならば野球の動き、サッカーならばサッカーの動きと、それぞれのスポーツごとに特有の動きが存在します。

一見しただけでは、自らの競技と関係ないように思えます。

しかし、実際に取り組んでみると、自らの競技に活かせるような動きや考え方を学べます!

例えば、水泳の背泳ぎで培った肩の柔軟性によって、野球で遠くに鋭い送球ができるかもしれません!

バスケットコート上での視点の動かし方が、サッカーコートで活かせるでしょう!

レスリングでの体捌きが、柔道や相撲に活かせるでしょう!

また、格闘技で得たフィジカルをサッカーやラグビーで活かせるかもしれません!

柔軟性や筋力、瞬発力などは競技によって求められるバランスが違います。

また、向上すべき能力の優先度も変わります。

しかし、様々な競技を経験することで、これらの能力を高い水準で兼ね備えることが可能となるのです!

Be(理想のアスリート像)を決める

アスリートたるもの、大会や試合で結果を出してこそという考えを完全に拭い去ることはできません。

それは、今のアスリートも小さい頃に夢見た、勝ち続ける姿逆境を跳ね返した姿に魅了されたからです。

それは、時が経っても変わることはないでしょう!

そういった理想像があったからこそ、今のあなたがいるのではないでしょうか?

だったらもう一度、理想像を思い描いて、そこに向かってスタートを切ってみませんか?

その理想像を決めるときには、出来る限り細かな部分までイメージしましょう!

その理想像の姿形だけでなく、色や質感、感情などなど、全てです。

あなたも子供の頃、憧れの選手だけを穴が空くほど目に焼き付けたと思います。

そうすることで脳裏に明確なイメージが根付きましたよね。

そんな明確なイメージがあったからこそ、あなたもアスリートという夢を叶えられたんです。

そして、この行為はその夢を叶えた後も有効です。

どんどん、明確なイメージを作り上げていきましょう!

何もかも自分次第

ここまで、能力を最大化する方法を述べてきました。

しかし、これらの方法を実践するかどうかは、本人次第です。

もしも、あなたがアスリートならば本気で取り組まなければ、最大化することはできないでしょう。

もしも、あなたがコーチであれば、アスリートが本気で取り組めるように、本気でサポートしなければいけないでしょう。

トップを勝ち取るアスリートは、トップを勝ち取るだけの努力を積み重ねています。

実力があるアスリートほど、日々の生活や練習に対する解像度は高く、より細かな部分にこだわるものです。

「神は細部に宿る」

このことを忘れずに、あなた自身で世界を変えてみませんか?

参考リンク

他のアスリートが実践しているトレーニングや食事について、いくつかリンクを貼っておきます!

少しでも、あなたの能力が最大化する助けになれば幸いです。

超一流アスリートのトレーニング・メニュー(スポーツ選手)

-NAVERまとめ-

アスリートの栄養補給。トレーニング時にプロテインはどう摂る?

-MORINAGA-

シーズン中もトレーニングは継続する

-トップアスリートを支えるスポーツトレーナーのための科学的トレーニング塾-

まとめ

いかがだったでしょうか?

能力の最大化も、本質はシンプルなことばかりだとご理解頂けたでしょうか?

これらの方法を試して頂き、ご自身の能力の最大化に活かして頂ける嬉しいです!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする