“ゴールセッティング”で押さえるべきたった2つのポイント!

"ゴールセッティング"で押さえるべきたった2つのポイント!

“ゴール”はどこですか?

みなさんは、”ゴールセッティング”したことありますか?

会議しかり、練習しかり、試験結果しかり、人生しかり。

ゴールセッティングすることは、自分の行き先を決めること。

自分の行き先が決まっているのと、そうでないのとでは行動の質は明らかに変わってきます。

もしも、今までゴールセッティングをしていなかったのであれば、勿体ないと言わざるを得ません!

しかし、今までやってこなかったのであれば、これから始めればいいだけ。

では、早速始めていきましょう!

“ゴールセッティング”のメリット

“ゴールセッティング”には数多くのメリットがあります!

しかし、そのメリットを知らないがために実践できていない人が多いの現実です。

なので、先ずはメリットをお伝えします!

自分の向かうべき場所が分かる

向かうべき場所、すなわち、理想です。

自分の理想になれたら、どれだけ嬉しく、楽しいことでしょうか!

ゴールセッティングすることで、自分の理想が分かります。

世界には自分の理想も描かずに、日々暮らしている人が数多くいます。

それでは、いつまで経っても向かうべき場所に辿り着くことは、到底不可能でしょう。

理想が分かる自分と、分かっていない自分とでは違いがあると思いませんか?

ゴールまでのプロセスを考えられる

これは非常に実用的で実践的なメリットです。

スタートとゴールが分かることで、その間の道のりを考えることができます。

例えば、何が必要なのか?

例えば、どれだけのステップがあるのだろうか?

例えば、どんな障害が立ちはだかるだろうか?

このように、どのようにしてゴールに辿り着く方法を考えることができるようになるでしょう!

ゴールまでの進捗が分かる

0から100というような尺度があればこそ、測定することができます。

このときに、スタートを0、ゴールを100とした時に自分はどの地点にいるのだろうか?

50なのか、60なのか、はたまた10にも満たないのか。

現在地はアップデートされていくものですから、常に現在地を把握できるようにしたいですね。

そのために、ゴールセッティングというのは自分にとっての尺度となるのです!

周りの人が手を貸してくれる

人は逆境に立ち向かう人を応援したくなるものです。

それは、自分の姿をその人に投影することで、仮の安らぎを得たいからでしょうか。

投影してしまう人の気持ちはさておき、みなさんもそうではないでしょうか?

子供、大人関係なく、逆境に立ち向かう、常に成長を続ける人を応援したいと思いませんか?

そうやってがむしゃらに頑張っていると、いつしか人は助けてくれるものです。

もしも、あなたがゴールセッティングを実践し、ゴールに向かって必死に進むことができれば必ず手を貸してくれる人が現れます。

それは、友達とは限りません。

今まで知り合ったことのない人かもしれません。

Twitterで出会った人、顔も見たことのない人かもしれません。

ゴールに向かってスタートを切ることができる

ゴールがあるからこそ、スタートが切れるんです!

ゴールがなきゃ、スタートもありません。

当たり前だけど、当たり前じゃない。

スタートが切れない人なんて、山ほどいますから。

スタートが切れない人が、ゴールに辿り着けるはずがない。

スタートが切れない自分とも、今日でお別れです。

必死に楽しめる

必死に物事に取り組むだけでは、疲れてしまう人もいます。

反対に、楽しいだけでは途中で飽きてしまう人もいます。

ゴールセッティングはどちらも解消してくれます。

ゴールが明らかになるからこそ必死になれます。

そのゴールは自分の理想ですから、それに近づいていくプロセスが楽しくないはずがない!

必死ながらも、楽しむことができる。

最高じゃありませんか?

押さえるべきポイント!

ただ闇雲にゴールセッティングをしていては意味がありません。

むしろ、時間の無駄使いになってしまったり、本当の理想とはかけ離れたものになるからです。

なので、ここからは押さえるべきポイントをお伝えします!

5W1Hに沿ってイメージを膨らます

5W1Hとは、What(何を)、Why(なぜ)、When(いつ)、Where(どこ)、Who(誰)、How(どうやって)です。

これを1つずつ細かくイメージしていきます。

自分の理想では、いつ、どこで、なにを、だれと、どんな目的、どんなことをしているのか。

その時、何を使っているのか。何を食べているのか。何を見ているのか。どんな匂いがするのか。

五感までもイメージします。

まるで、自分がその場所にいるかのように。

このポイントを押さえなければ、全く意味のないゴールセッティングとなってしまいます。

できる限り時間をかけてイメージを膨らませていきましょう!

日付を入れる

そして、これが最も大切なポイントです。

膨らましたイメージに日付をいれます。

日付を入れなければ、ゴールとは言えません。

なぜならば、それはただの理想だから。

ただイメージを膨らましただけです。

そして、この日付ですが、長々と期間をあけて入れても意味がありません。

自分が必死になれるだけの短さを意識して、日付を入れて下さい。

年だけでなく、月日もいれます。

そして、注意点として期間が長いと必死になることはできません。

10数年後の日付を入れようものなら、本当の理想とは言えないでしょう。

だって、理想って今すぐにでも叶うのなら、叶って欲しいですよね?

叶って欲しいと思うものを、なぜ先延ばしにするんですか?

先延ばしにしているからゴールに辿り着くことができないのです。

また、日付を入れることで、尺度として使うこともできるようになります。

自分が緊張感や必死感を感じられる日付を入れましょう!

たったこれだけ…

本当にたったこれだけなんです。

謝りませんよ(笑)

イメージすら膨らましていない人が大半の中、イメージを膨らませるだけでもかなりの前進でしょう。

それに加えて、日付を入れたとあれば、更に加速度的に進むことができます。

まとめ

ゴールを決めることは、シンプルなことなんです。

ただ、大半の人がそれを実践していない。

それは、正しい方法を知らなかったり、知っていても効果を期待してやらないから。

なので、この記事ではゴールセッティングで押さえるべきポイントをお伝えさせて頂きました。

これからは、あなたがゴールに辿り着く番です。

あなたのゴールテープを切れるのは、あなただけです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする