“本当の自分”が見つかる10の方法とは?【冒険】

"本当の自分"とは?

“本当の自分”とは?

“本当の自分”とは?

皆さんは、自分探しってしたことありますか?

例えば、瞑想してみるとか、周りの人に自分はどういう人なのか訊いてみるとか。

バックパッカーとなって世界一周したり、ヒッチハイクをしたり。

特に、高校生や大学生の年代になると、自分探しをする人が多くなります。

どうでしたか?見つかりましたか?

この記事では、そうした本当の自分を見つけるための方法をご紹介します!

“本当”とは何か?

“本当”って何なんでしょうね。

あなたは、常に人に仮の姿を見せていますか?

あなたは、周りの人に嘘ばかりついていますか?

そんなことはないと思います。

「ありがとう」と言われたら嬉しくなりますし、罵られると悲しくなったり、怒りますよね。

元来、皆さんは本当の自分を見せている筈なんです。

でも「本当の自分が分からない。」という葛藤が生まれる人もいます。

それは、2つの考え方で揺れている時や好きで始めたことに嫌気が指している時などに感じます。

その他にも「やりたいことがない。」や「夢がない。」という状態を、”本当”の自分が分からないと同義に捉えている人もいます。

“本当”の自分を考える必要などあるのでしょうか。

もしかしたら、意味の無いようなことかもしれませんよ。

これからは、1つの答えが無いような問いにも、果敢に挑んでいきますね!

“本当の自分”が見つかる10の方法とは?

本当の自分を見つけるための10つの方法を書き綴っていきます!

やったことのないことを始める

今までに経験したことのないことを始めることで、もしかしたら、自分のまだ見ぬ部分が見つかるかもしれません。

自分がまだ見ぬ世界を見るというのは、非常に面白く、楽しく、エキサイティングなことです!

本当の自分は見つかっていないと感じているのであれば、まだ見ぬ世界に存在しているのかもしれません。

であれ、まだ見ぬ世界に飛び込む他ありません!

考えている暇などありません!

今すぐ飛び込んで下さい!

本当の自分は、実は直ぐ近くにいるかもしれませんよ!

瞑想する

今じゃ“マインドフルネス”という言葉で浸透している“瞑想”ですが、これも効果的な方法です。

というのも、瞑想することで周りをニュートラルに見ることができます。

つまり、損得勘定なしに見れるようになるのです。

感情が穏やかになり、周りを評価することをやめると、物事の本来の姿が見えてきます。

本来の姿が見えている、つまり本質が見えている自分こそが本当の自分と感じる方にはオススメの方法です!

それ以外にも、瞑想には副交感神経を優位にする働きがありリラックス効果も期待できます。

是非、やってみて下さい!

自己観察する

自分が一日どんな生活をしているのかをメモするんです。

そして、その時どんな気持ちでいたのか。

どんな気持ちで何をしていたのか。

これを大体15分~30分刻みでメモしていきます。

また、気持ちや生活だけでなく、インターネットでどんなサイトを見ていたのか、どんな言葉を使っているのが多いかなどをメモしていきます。

自分の癖ってのは、自分が一番気づき難いものです。

なので、それを可視化することで、自分が興味があるものや嫌いなもの、そして癖を明らかにします。

その他にも人付き合いや買い物内容なんかもメモると面白いかもしれません!

本を読む

どんな本でも構いません。

小説でも良いですし、専門誌でも構いません。

本を読むことは、自分の知らない世界に飛び込む手取り早い方法です。

本を読むことで自分の知識も増え、他人の知識から新しいアイデアが閃くこともあります。

また、ドキュメンタリーや小説は自分を魅了してくれるツールでもあります。

もしかしたら、あなたが魅了されたものこそが、本当の自分に近づくヒントになるかもしれませんね!

知らない人と付き合う

付き合うって言ったって、別に異性ではありませんよ(笑)

性別は関係ありません!

まだ、遊んだことがない人と遊んだり、話したことがない人と話すことです。

これも、自分の世界を広げ、未知の世界に踏み出すキッカケとなります。

そして、知らなかった人と仲良くなり、いつしか友となり、家族以上の存在になるかもしれません。

そうなれば、本当の自分を見せられるじゃありませんか!

あなたが家族以上の存在だと思う人といる時の話し方や態度、気持ちというのは本当の自分と言えるのではないでしょうか?

そんな存在以上に、あなたを曝け出すことのできる相手はいないと思います…

旅に出る

超ド定番の本当の自分探し方法!

自分の知らない世界を知る上では欠かせない方法です!

僕自身、海外にバックパックをしたことはありますが、刺激が途轍もなかったです(笑)

文化の違いや生活の違い、食事や風景も一気に変わりますから、刺激にならない訳がない!

海外に旅に出て、そのまま定住しちゃったって人もいるくらいですから、本当の自分を見つけるためには非常にオススメな方法です!

もしかしたら、本当の自分は他の大陸に住んでいるかもしれませんね!

1つのことに没頭する

これは今までお伝えしてきた方法とは真逆の方法ですね。

没頭できることが見つかっている人ほど、幸せな人はいません。

そして、成功する人は没頭できることを見つけている人ばかりです。

少し話が逸れてしまいましたが、没頭できるのは、それだけ自分に合っているから。

つまり、それに没頭できる自分こそ、本当の自分と言えるのではないでしょうか?

だったら、没頭できることを探さなくてはなりません。

そうなると、やはり最初のやったことのない事を始めることが必要になってくるかもしれませんね!

今の自分が本当の自分だと受け入れる

この方法は、本当の自分を見つけたい人にとっては意味わからないと思います(笑)

この方法でお伝えしたいのは、今のあなたも、本当のあなたということです。

だって、嘘もついてないし、仮の姿を晒している訳じゃないんでしょ?

だったら、今のあなたが本当のあなたで間違いないじゃないですか!

「灯台下暗し」という諺があるように、本当の自分は意外と身近にあるものです。

それに気づけるか、気づけないかの違いです。

これは、受け入れがたい方法かとは思いますが方法の1つとして覚えておいて下さい。

そもそも本当の自分なんていないと考える

元も子もありません。

本当の自分なんていないと考えるのですから。

ですが、これも立派な方法の1つです。

と言うのも、100人いれば100通りの考え方がありますよね。

となると、何が正しいのかなんて分かりません。

というか、正しい考え方なんてありません。

そんな世の中で、本当の自分を探すことなんて無意味だと考える方がいるのも事実です。

確かにそれも一理ある。

だったら、いっそ本当の自分なんていないと考えるとスッキリしますね(笑)

そうやって生活していると、結果的に本当の自分に出会えるのかもしれません。

それも良し。

他人をマネる

最後にお伝えする方法は、他人を真似することです。

これは、どんな人を真似ても構いません。

自分とは正反対の考え方の人でもいいですし、自分の理想に近い人でも構いません。

知らない世界に飛び込むことって、未知だからこそ怖さや不安は付き物です。

しかし、自分が真似ができるのは、自分が知っていることだけです。

モノマネ芸人も、モノマネの対象である歌手や芸能人がいないとモノマネなんてできませんよね。

未知ではなく既知のことなので、より取り組みやすい方法です。

安全・安心ですね!

これはオススメの方法です!

まとめ

本当の自分って、どこにいるのか分かりませんし、どんな自分なのかも分かりませんよね。

だから、どうやって見つければいいのか、探せばいいのか分からないのは当然のことです。

だからこそ、「探さない」とか「見つけない」と考えることもアリだと思います。

「気づいたら、これが本当の自分だった。」なんてのは、よくある話です。

そこまで気負いせずに、ゆっくりと時間をかけて本当の自分を見つけて頂ければ嬉しいです!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする