“ブレない”生き方へのヒント【人生の軸】

"ブレない"生き方へのヒント【人生の軸】

“ブレない”生き方とは?

“ブレない”生き方をしてみたいと思ったことはありませんか?

では、その『ブレない生き方』とは何でしょうか?

何がブレないことが、『ブレない生き方』に繋がってくるのでしょうか?

あなたには、それが分かりますか?

“ブレない”自分軸

何がブレないことが、『ブレない生き方』に繋がってくるのか?

それは『自分軸』です。

あなたの中にある『軸』がブレないでいることが、ブレない生き方に繋がってきます!

では、その『自分軸』とは何でしょうか?

自分軸=人生の方針

『自分軸』とは、自分がそれに従って生きる『方針』です!

「何のために生きるのか?」

「誰のために生きるのか?」

「行動の判断基準はなんだろうか?」

こういったことが、あなたの方針になってきます。

『ブレない生き方』とは、この方針に沿った生き方なのです!

ブレない生き方へのヒント

ブレない生き方を実践している人は、世界中にいます。

では、その人たちからヒントを頂こうではありませんか!

彼らに共通していることから、あなたに合ったヒントが提供できれば嬉しいです!

判断基準を決める

自分が選択する時、行動する時の判断基準を決めるのです。

「あなたが選択する時の基準は何か?」

「あなたが行動する時の基準は何か?」

こういった判断基準を決めておけば、迷わなくて済みます。

これは、時間の効率化にも繋がりますし、あなたの心を安定化させることにも繋がります。

さらに、迷う回数を減らすことは気疲れを減らすことにも有効です。

私たちは、常に決断する生き物です。

Yesがあれば、Noという決断を下す時もあります。

優柔不断な人は上手く決断を下すことができず、知らず知らずの内に消耗してしまいます。

これは無駄な消耗と言えます!

無駄な消耗を減らすことで、更に有意義な人生を送ることが可能となります!

そう『ブレない生き方』とは、有意義な人生そのものなのです!

『好き』『楽しい』を大切にする

ブレない生き方をしている人が、なぜブレないのか?

それは、ブレたくてもブレようがないのかもしれません。

と言うのも、好きなことに一生懸命になっているのであれば、それに全神経を集中させることができますよね。

そうすることで1つのことに注力することができ、自分軸がブレずに生きることができるのです!

私たちには、他の動物にはない『感情』が存在します。

それを活かさずして、ブレない生き方はできません。

私たちは、自分の感情に支配されやすい生き物です。

怒りスイッチが入れば熱が冷めるまでには時間がかかります。

哀しみスイッチが入れば憂い、涙がこぼれるでしょう。

だったら、『好き』『楽しい』というスイッチを入れてあげれば良いのです。

『好きこそ物の上手なれ』という言葉があるように、好きなことほど上達が早いのです!

さぁ、これからは『良い感情』に支配されてみませんか?

細部に目を配る

『ブレない生き方』を実践すると気になってくることがあります。

それは、物事の細部です。

殆どの人は見向きもしないような細部に対して、『ブレない生き方』をする人は細部にこそ拘ります。

そうすることで物事と自分のイメージを一体化させるのです。

また、物事を実行する際に『納得感』『しっくり感』のは大切になってきます。

『ブレない生き方』を実践する人は、これらの感覚が鋭く注意を怠りません。

ブレないからこそ、その軸から外れるものには敏感で、素早く応えるのが彼らなのです。

アンチを好む

ブレない人は、アンチを好みます

ーというよりも、大切にします。ー

アンチの意見や考えは、ブレない人にとって新鮮で斬新である可能性が高いのです。

ブレない人は、横にぶれないからこそ、縦に伸びることを好みます。

そう、成長欲がとてつもなく深いのです。

そのためには、身近な人の意見を取り入れるばかりでは物足りません。

アンチの意見や考えを取り入れる必要があるのです。

ブレない人は全ての人を包み込む包容力もあれば、違う意見を取り入れる柔軟性アンチに耐えうる強さを兼ね備えているのです。

“ブレない”生き方へのオススメ書籍

世界では『ブレない生き方』を求める人が数多くいます!

そんな方々に送るオススメ書籍を幾つかご紹介します!

是非、ご購入頂き、読んで頂けると『自分軸』が見えてきますよ!

まとめ

『ブレない生き方』には『自分軸』を知ることが必要です。

『ブレない生き方』の第一歩は、『自分軸』を知ること。

先ずは、そこから始めてみてはいかがでしょうか?

誰かができることは、あなたのもできます。

さぁ、諦めずに、ブレずに生きてみませんか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする