子供の”やる気”を引き出す5つの方法とは?

子供の"やる気"を引き出す5つの方法とは?【ママ必見!】

子供から”やる気”引き出せてますか?

“やる気”って、大人になっても大事ですよね。

お仕事でもそうだし、趣味もそう、どんなことも”やる気”が無ければ続きもしなければ始まりもしません。

大人になってから急にやる気を出そうと思っても、簡単に出せるものではありません。

嫌いな物を急に「好きになれ!」と言われたからといって、好きなれるわけではありませんよね。

何事も習慣が大事

なので、子供の頃から、何事もやる気を出して挑戦して欲しいと思いませんか?

今回は、そんな子供からやる気を引き出す方法をお伝えします!

人がやる気を出す状況とは?

大人になってから、やる気を出さなければいけない状況に追い込まれた人も多いはず。

しかし、今回の対象は子供…

もしかして、子供と大人じゃやる気の引き出し方法が違うとか思ってる?

そんなことありません!

僕らも人間ですから、大人にとってやる気が出ることは、子供にとってもやる気が出ることです!

子供のやる気を引き出す5つの方法

ではでは、お待ちかねの子供のやる気を引き出す方法を見ていきましょう!

ニンジンを目の前にぶら下げる

目の前にニンジンをぶら下げておくことは効果的です!

といっても、本当にニンジンをぶら下げないでくださいね(笑)

ニンジンのように、子供にとって“餌”となるようなものをぶら下げて下さい!

例えば、お菓子とか、ビデオとか、ゲームとか。

どんなことでも構いません。

その子がピアノ好きなら「宿題終わったらピアノ弾いても良いよ!」でもいいし。

お菓子が好きな子なら「これが終わったらお菓子食べようね!」でもいいし。

でも、これは多くのママさんが実践されていることと思います(笑)

それでも、やる気を引き出せないから読んで頂いているんですよね…

ハグをする

一見、やる気を引き出す方法とはかけ離れた、この方法。

しかし、子供はハグをされることで愛情を感じます。

「(愛されているんだ。)」「(認められているんだ。)」と感じるんです。

しっかりと”愛情を注がれた”と感じる子供は、フルパワーで毎日を過ごすことでしょう!

毎日フルパワーってことは、どんなことにもやる気一杯で挑んでいますよね!

他の方法を試す前に、先ずはギュッとハグをしてあげて下さい!

理由を説明する

大人の方も同じだと思いますが、目的理由が分からないことってやる気出ますか?

出ませんよね(笑)

だって、何でやってるのか分かりませんもんね(笑)

子供も一緒です!

しっかりと「なぜ、勉強が必要なのか?」「なぜ、歯磨きが必要なのか?」という理由を説明されると「そうなのか…」とやる気がでます。

ただ、言い過ぎは禁物ですね。

子供だって言われ過ぎると「(面倒臭い。)」って感じます。

それに、時間を置いてから理由を説明しないように。

時間を置かれると何に対して言われているのか、分からなくなってしまいます。

なので、間髪入れずに目的や理由を伝えてあげること!

子供の”努力”を褒める

多くの方は子供の”成果”を褒めがちなんです。

しかし、成果を褒めてしまうと「(この答えが正しいんだ。)」と、子供本人は褒められたと感じられないのです。

なので、子供の”努力”を褒めてあげること!

「ここまでよく頑張ったね!」

「1人で偉かったね!」

と、成功か失敗かという結果は無視しましょう。

結果にこだわってしまうと、子供は結果ばかりを気にします。

特に、失敗を責められた子供は、挑戦することを避けます。

それは、高確率で失敗に繋がるから。

初めてのことって、必ずと言っていいほど失敗すると思うんです。

失敗を責められる子供が、わざわざ失敗してみようと思うでしょうか?

有り得ないでしょう(笑)

しかし、人は失敗から学ばなければ成長しません。

子供のからの成長を摘み取る前に、努力を褒めるようにしましょう!

子供に”楽しい”と感じさせる

子供は大人以上に無邪気で素直なので「嫌なことは嫌!」「好きなことは好き!」です(笑)

なので、やる気を引き出したいのならば、子供が“楽しい”と思うことに全力を注ぐようにしましょう!

ここで、例えを1つ。

さかなクンは子供の頃から、お魚が大好きでした。

そんな、さかなクンのお母さんは「勉強しなさい!」と言いませんでした。

他の勉強を強制させずにさかなクンが”楽しい”と感じることに集中させました。

それが今やどうでしょうか?

今では魚類学者として世界に名を馳せ、研究者としての地位を確立しています。

またエッセイや絵本を描いたり、テレビに出演したりと活躍は多岐に渡ります。

子供の直感を信じて、没頭させてあげて下さい!

子供をもつ方々へ

最後のやる気を引き出す方法を見て、「でも、そんなの限られた人だけじゃない!」と思った方いませんか?

そんなこと思ってませんよね?

これ、親が絶対に思ってはいけないことです。

口に出すなんてもっての外です。

親が子供の限界を決めてどうするんですか?

親が子供の人生を決めてどうするんですか?

子供はいずれ、あなたから離れて、自立しなければいけません。

そして、自分の人生を自分の足で歩まなければいけません。

子供の時期は、そのための準備期間なのです。

そんな時に、親から決めつけられた子供はどうなると思いますか?

大人になっても「僕なんて…」と自己否定しまくり。

自分の可能性を信じることのできない、情けない大人となるでしょう。

絶対にやめてあげて下さい。

子供の頃から、子供自身に体験させてあげて下さい。

子供が可愛いと思うなら、旅をさせてあげて下さい。

子供も大人と同じで、自分から失敗して学ばなければ成長はありません!

まとめ

子供のやる気を引き出す方法って、大人と一緒なんですよね。

でも、ちょっとばかり環境が違う。

じゃあ、子供の環境ってどんな環境なの?って考えると、が常にいますよね。

親が常にいる環境。

だからこそ、親の存在は非常に大きい。

親の言葉や行動は、子供に多大な影響を与えます。

「子供は親の背中を見て育つ」とは、あながち間違いではありません。

大人になるための準備期間である、子供の頃からしっかりとやる気を引き出してあげましょう!

親からやる気を引き出してくれた子供は、大人になって必ずや親孝行をしてくれることでしょう。

先は長いですが「失敗は成功の母」という言葉を、親自らが体現していくことが、最も子供のやる気を引き出す方法なのかもしれませんね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする