人が死ぬ時に”後悔”することとは?

人が死ぬ時に"後悔"することとは?

“後悔”したことはありますか?

「どうせなら、もっと勉強しておけば良かった…」

「あの子に告白すればよかった…」

これまでやってこなかったことに対して「やればよかった…」と悔いる気持ちを少しでも感じたことがあるのではないでしょうか?

後悔の念を少しでも減らし、皆さんが死ぬ時には「最高の人生だった!」と思いたくはありませんか?

人が死ぬ時に”後悔”すること

では、早速見て参りましょう!

「もっと勉強しておけばよかった…」

学生を卒業し社会人になると、一様にして「もっと勉強しておけばよかった…」と後悔するものです。

「もっと勉強しておけば、更に良い企業に入社できたかもしれない…」

「もっと勉強しておけば、年収がもっと高かったかもしれない…」

こう言って自分を責める人は珍しくありません。

しかし、社会人以降の人生で挽回できないことではありません。

社会人になってからも、学生時代同様勉強に打ち込むことはできます。

むしろ社会人になってからの方が、勉強は必要です。

これを機に、学生時代の教科を1から勉強するのも良いでしょう。

または、マーケティングやブランディングなど、ビジネスで必要となることを勉強するのも良いでしょう。

まずは、簡単な本を手にとって読書から始められることをオススメします。

今ではマンガ形式で分かりやすく構成されている著書もあります。

楽しみながら、勉強を続けてみませんか?

「やりたいことをやっておけば良かった…」

この後悔が最も多いものです。

特に、団塊世代と言われる方や戦後復興を支えた企業戦士の方にとっては仕事を最優先にしてきた方も多いです。

そうすると、仕事に追われて家族との時間がとれない

自分の趣味に時間を費やすことができない

と言った悩みが後になって湧いてきます。

もしかしたら、人生を賭けて挑戦したかったことが、あなたにあるとしたら…

今すぐに追いかけるべきです

あなたの人生は無限ではありません

挑戦に年齢は関係ありません。

今すぐ始めませんか?

「もっと恋人を愛せばよかった…」

恋人を愛せなかったことを後悔する人もいます。

家族の時間を作る訳でもなく、仕事を張り切る訳でもない。

その日その日を怠惰に過ごして、自分を愛してくれる人すらも粗雑に扱い、あなたの元を離れて行ったことを。

恋人があなたから離れたのではありません。

あなたが恋人を離れさせたんです

もしも、あなたにとって離したく恋人がいるなら、愛している恋人がいるなら…

心から大切に接してあげて下さい。

そして、あなたの恋人に感謝して下さい。

あなたの心の豊かさは、恋人によってもたらされていることを忘れてはいけません。

「親孝行しておけばよかった…」

これは、自分が死ぬ時ではなく、親が死ぬ時に後悔することでしょう。

この後悔は、多くの人が感じることです。

あなたは、誰に育てられてきたのでしょうか?

それは、紛れもなくあなたのです。

あなたが生まれてから社会人になるまでの間、あなたに寄り添ってきました。

あなたが病気を患えば、看病してくれました。

あなたが「お腹が空いた…」と言えば、ご飯を作ってくれました。

あなたが「この学校に行きたい!」と言えば、お金を出してくれました。

どれもこれも、親の助けがあってこそです。

あなたは親の助けがあってこそ、生きてこられたことを忘れてはいけません。

親が生きている内にも、恩返しをしてあげてはいかがでしょうか?

まとめ

いかがだったでしょうか?

この他にも、後悔することは沢山あるかと思います。

死ぬ間際になって後悔したくはありませんよね。

だったら、今日から全力で毎日を過ごしませんか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする