“真似る”は学ぶー成功への近道とは?-

"真似る"は学ぶー成功への近道とは?-

“真似る”は学ぶ

“真似る”は学ぶーという言葉を聞いたことはありませんか?

これは、自分よりも優れている人を真似ることで、その人の優れたポイントを学ぶ考え方です。

これは、ある意味モノマネのようなものです。

このモノマネは、成功への近道なのです。

あなたをより速く、より正確にゴールへと導いていくれます!

あなたも、これからモノマネを始めてみませんか?

なぜ”真似る”なのか?

「なぜ、成功への近道が真似るなのか?」と疑問を抱く方もいるでしょう。

それは至ってシンプルな答えになるでしょう。

それは、1番手っ取り早いからです。

あれ?拍子抜けしてませんか?

だって、成功している人には成功している人なりの考え方、姿勢、行動があるからです。

だったら、その成功している人を真似る方が手軽で簡単に始められませんか?

そして、人は根本的には真似ることの重要性を知っています。

現に、世間で『成功者』と謳われる人の書くビジネス書や自己啓発本に多くの人が興味をもち、多くの人が購入しますよね?

自力は非効率

多くの人は、自分だけの自分なりの成功を夢見ます。

そうなると、独自の手法や独自の考え方で物事を進めようとします。

これは悪いことではありません

むしろ、自力で夢を掴もうとする姿勢は非常に素晴らしいと思います。

しかし、躓かなくてもよいところで躓いたり、迷わなくてもよいところで迷ったりと、右往左往することが多くなるでしょう。

そうして躓く回数、迷う回数に比例して諦める人も増えていきます…

何を真似るのか?

そうならないためにも、これからモノマネを始めていきましょう!

「じゃあ、何を真似ればいいの?」と思われた方、これからご紹介致します!

考え方

これは、最も簡単に真似られるポイントの1つです!

現在はインターネットSNSで成功者の考え方に簡単に触れることができます。

なので、SNSではTwitterで探したり、インスタでフォローしたり、ふとした時に確認できるように設定することをオススメします!

身振り手振り

これも簡単に真似られるポイントの1つです!

YouTubeに投稿されている動画やTVを参考にして、彼らのジェスチャー動きを真似してみましょう!

始めは、違和感しか感じないかと思います(笑)

それでも続けていくと、時々その人が憑依したかのような感覚に陥る時があります。

「あれ?今、いつもと違った…」ってな感じで、ほんの一瞬だけなんですけどね(笑)

これは、是非、体験して頂きたい感覚です!

言葉遣い

これは、少し難易度が上がるかと思います。

言葉遣いは、その人の品位や品格を表します。

もしかしたら、成功者を真似することで、相手に対して思いも寄らない印象を与えてしまうかもしれません。

「それでも、成功したい!」という方は、片っ端から真似していきましょう!

多用する言葉・使わない言葉・語頭・語尾・方言など、口から発せられる文字を全て真似していきましょう!

姿勢・態度

これも難易度は高いかと思います。

人に対する態度や物事に対する姿勢は、その人によって違います。

態度や姿勢は立場や考え方、関係性などに左右されますよね。

しかし、真似る場合にはトコトン追求してきましょう!

「その人なら、どうするだろう?」と考えを巡らしましょう!

そして、出てきた答えを実践してみるのです!

いつしか、あなたも「○○(成功者)のようだね。」と言われるようになるかもしれません!

行動

これは、最も難しい真似るポイントの1つです。

彼らとあなたの違いは、行動に寄与するところが最もなのです。

しかし、自分が身を置いている環境や習慣に囚われる方が殆どです。

人間の体には、ホメオスタシス=恒常性維持機能と呼ばれるものが存在します。

これは、血液量や体内酸素量を一定に保とうとする昨日なのですが、これは人間の精神にも適用されるのです。

誰もが慣れ親しんだ環境から離れることを嫌い、身に付けた習慣を手放そうとしません。

それは離れたり、手放すことが『違い』であり苦痛だからです。

しかし、そんなホメオスタシスを破り続けると、人はそれに順応しようとします。

そうやって、人は成長を繰り返すのです。

『行動』は最も真似し難いポイントではありますが、これを真似られる人が最も成功に近と言えるでしょう!

「その人なら、どうするだろう?」

この問いを自分に投げかけることが、真似る上では欠かせません。

また、真似るためにはその対象がなければいけません。

真似る対象として最適な人を、幾つか書籍でご紹介します!

是非、彼らの考え方や人生観に触れてみて下さい!

そして、真似てみて下さい!

『人生の勝算』著:前田裕二『多動力』著:堀江貴文

『バカとつき合うな』共著:西野亮廣・堀江貴文

『超一流の二流をめざせ』著:長倉顕太

まとめ

テレビに出るモノマネ芸人さんも、初めからモノマネが上手かった訳ではありません。

彼らも表情や動作、言葉遣いなどを1つずつ習得していったのです。

やはり、自分以外の人を真似るというのは難しいのです。

それは『自分ではないから』です!

しかし、真似ることで、あなたの思う成功に近づけるのであれば、これほど簡単な方法はないと思います。

明日と言わず、今日から、今から真似て生きませんか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする