“成長しない”人の共通点とは?

"成長しない"人の共通点とは?

今回は、『”成長しない”人の共通点』を徹底的にリサーチした結果を大公開したいと思います!

あなたは、“成長”したいですか?

ただ「成長したい!」と思っていても、これらの共通点に当てはまっていたならどうでしょうか…?

『”成長しない”人』の共通点

早速、共通点を見てまいりましょう!

挑戦しない人

挑戦なくして成長はありません!

挑戦あればこそ、私たちは学ぶことができます。

新たな知識や情報、感覚的なことから、理論的なことまで

これらは『挑戦』という新しいことに取り組むことで、培われます。

新しいことに取り組まなければどうなるか…

そこに学びはありません

新しい知識や能力が身に付くことはありません。

成長しない人の、殆ど全ての人が挑戦を嫌います。

口では「挑戦しています!」と言っても、行動はどうでしょうか?

成長する人は口ではなく、体を動かすんです。

向上心のない人

『病は気から』『好きこそものの上手なれ』

こういった言葉が意味するのは『心』が、人間にとって全てであるということです。

「自分は何もできないんだ…」

「自分はダメなんだ…」

こういったネガティブは、あなたの体を蝕みます。

心が病めば、体も病むんです。

これを成長しない人に当てはめると、彼らは総じて向上心がありません。

現状に満足しているのか、成長することへの不安を隠しているのか分かりませんが…

「もっと上手くなろう!」

「もっと成長したい!」

という気持ちがなければ、成長することはありません。

もしも、あなたが「成長したい!」と願うならば、あなたは成長することができます!

反対に、「成長したくない…」と願うならば、あなたは成長することができません。

本を読まない人

本は先人の知識や知恵の宝庫です!

まるで宝箱のように、僕たちに豊かさと幸せをもたらします!

私たちが日々の暮らしで経験する殆どのことを、先人も経験しています。

彼らの経験を本から学ぶことができます!

・どんな経験をしたのか?

・どんな気持ちになったのか?

・その経験から何を学んだのか?

・どんな対策を講じたのか?

こういったことが、本には書かれています。

また、ビジネス書や実用書だけでなく小説はインスピレーションの基になることもあります。

小説家のアイデアやイメージを、自分の中に投影させることで新たなインスピレーションを得ることができます!

彼らの独創性あふれる物語は、僕らにとって日々を生きる活力になり、平凡な毎日を楽しくさせてくれます!

もしも、成長したいのであれば本を読まない理由が見当たりますか?

僕には見当たりません(笑)

頑固な人

「俺は自分の考えを絶対に曲げない!」

「誰の指図も受けない!」

という人は、成長しません。

成長”しません”というのは少し大げさかもしれませんが、圧倒的に成長速度は遅くなります。

というのも、成長する過程において客観的視点が必要な時もあります。

また、周りの考えを取り入れたならば、簡単にクリアできることもあります。

成長するために必要なのは『時間』です。

誰も頼らずに頑固一徹で物事を進めることは、ハッキリ言って無駄です。

もしも、他人を頼ることができたならば、あなたは自己成長のために時間を効果的に使うことができるでしょう!

画一性を好む人

先の『頑固な人』でも述べましたが、客観的な視点は自己成長を促進させます。

多様性を好む人は、新しい情報や気づきを得ることに長けています。

それは、自分の考えとは違う人と過ごす時間や機会が、画一性を好む人よりも多いからです。

国が違えば文化も違います。

育った環境が違えば培ってきた経験も違います。

視点が変われば見え方も変わります。

多様性を好む人は、これらの事柄を広く捉え受け入れることで成長に繋げます。

画一性を好むことが悪い訳ではありませんが、1つの考えに執着するよりも多くの考えた方が成長することは確実です!

失敗から学ばない人

これが最も成長しない人の共通点と言えるでしょう。

先ずは、挑戦したことを褒め称えるべきでしょう!

しかし、失敗から学ぶことをしなければ、成長は有り得ません。

「二度と同じ過ちを繰り返さないぞ!」

という意気込みこそあれど、学ぶ行動をしなければ同じことです。

『失敗は成功の母』とも言います。

失敗があってこそ、成功があるのです。

ただ、闇雲に同じことを繰り返して、成功に辿り着けるわけではありません。

失敗したことから、1つ学び、また1つ学び…

少しずつでもいいので、学んでいく姿勢が大切なのです!

まとめ

現代は時代の流れが速く目まぐるしく状況は変わります

今の時代を生き抜くためには、成長は欠かせません。

同じ場所に留まることは停滞ではなく、衰退を意味します。

皆さんは、歩く歩道をご存知でしょうか?

水平型エスカレーターと言うとピンっときた方もいらっしゃるかと思います。

人生は、まるでこの歩く歩道を逆走しているかの如しです。

足並み揃えて歩くだけでは前に進めません。

少しでも早歩きをしたり、ダッシュをしなければ前に進めません。

反対に、立ち止まるとスタート地点に逆戻りです。

人生に立ち止まっている暇はありません。

周りと足並みを揃える必要もありません。

ここからは全力ダッシュですよ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする