あなたにとって”失敗”を恐れない人とは?【共通点】

あなたにとって"失敗"を恐れない人とは?【共通点】

あなたにとって”失敗”を恐れない人とは?

あなたの周りには“失敗”を恐れない人はいますか?

もしも、いたならば、その人はどんな人ですか?

私たちにとって”失敗”とは恐ろしいものです。

失敗すると、周りから怒られることもありますし、軽蔑されることもあるでしょう。

それに、失敗した自分に対して自信を持つなんて難しいでしょう。

誰もが、失敗したくないと願っているはず。

だったら、失敗を恐れない人から学びませんか?

失敗を恐れない人の共通点

失敗を恐れない人の共通点をこれから探っていきたいと思います!

大きな失敗を経験したことがある

大きな失敗を経験した人であれば「これから起こるであろう失敗なんかどうってことない!」

と胸を張って言えるでしょう。

大きな失敗がどんなことかと言えば、それは人それぞれですので、あなたにとって大きな失敗なら大きな失敗なのです。

「好きな子に告白したがフラれた」「大学受験に失敗した」こういった経験が大きな失敗だと思う人もいるでしょう。

こういった大きな失敗は、後の人生では心の支えとなってくれるでしょう!

迷ったら難易度の高い選択をする

失敗を恐れない人も迷うことはあります。

どちらの道を進もうか?どちらを選ぼうか?

そんな時に、失敗を恐れない人は、難易度の高い方を選びます。

いつも、どんな時もです。

勿論、難易度の高い方を選ぶことで失敗するリスクは高まります。

しかし、彼らは難易度の高い方を選ぶことが習慣化しています。

なので、失敗を恐れるという感覚が極限まで弱まっていると言ってよいでしょう。

彼らにとっては、それが当たり前なので(笑)

成功よりも失敗の方が学びが多いことを知っている

「失敗は成功の基」と言います。

彼らは、成功するよりも、失敗から成長することを望みます。

勿論、成功する方が嬉しいことには変わりありません。

しかし、成長することへの渇望が並外れているのです。

では、どうすれば効率的に成長できるのかと言えば、失敗することです。

失敗すれば、自分の欠点や直すべきポイントが分かります。

失敗することで、彼らは自分の欠点や直すべきポイントと向き合い、修正し、レベルアップしていくのです。

他人の考えを受け入れる

失敗する人に多いのが、他人の考えを受け入れない人です。

他人の意見や考えを用いれば回避できていた、乗り越えられた失敗もあります。

しかし、自身を過信するあまり、失敗してしまう人が大勢います。

失敗を恐れない人は、他人の考えを受け入れます

年齢は関係ありません

自身よりも若い人でも、年老いた人でも意見を聞き、考えを受け入れます。

そうすることで複数の対応策が身に付き、もしも結果が思い通りにならなくても、次の方法を試すことができます。

そうやって他人の考えを受け入れることは、お互いの信頼関係を構築する意味でも効果的です。

新しい情報に敏感である

失敗を恐れない人は、常に問題に対する最適解を追求しています。

「こんな問題が起こったら…」「この方法なら…」

そして、最適解を追求するために、常に新しい情報をキャッチすることを重視しています。

常に情報を仕入れることで、前述した他人の考えを受け入れる以外にも対応策を身に付けるのです。

そうすることで、失敗する確率を極限まで低くしていくのです。

また、彼らにとって新しい情報はご褒美のようなものです。

新しい情報、新しい知識を得ることは1つの幸せなのです。

決して諦めない

失敗を恐れない人は、決して諦めません

諦めることが失敗であると知っているからです。

何事も諦めずに、試行錯誤を繰り返しながら続けていくことが、成功への近道です。

諦めることが無ければ、失敗することもないのです。

彼らは、それを知っているのです。

失敗を恐れない人はいない

ここまで、失敗を恐れない人の共通点を書いてきました。

しかし、彼らですら失敗することは怖いのです。

どんな小さなことでも失敗することは、自己肯定感を下げることに繋がります。

また、実績や業績の低下にも繋がりますから、もしかしたら給与が下がる可能性もあるでしょう。

失敗を恐れない人はいません。

しかし、恐れること以上に「学びたい」「成長したい」という気持ちが強いのです。

まとめ

あなたにとって、失敗を恐れていない人はどんな人でしょうか?

ここにある共通点以外にも、当てはまることがあるかもしれません。

失敗を恐れない人も、元はと言えば失敗を恐れる人でした。

そこから、考えを改め、常に難しい選択をし、失敗から学んできたからこそ今があるのです。

あなたも失敗を恐れない人にはなれます。

そのためには、決して諦めないことです。

まだまだこれからです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする